校長あいさつ

校長あいさつ

校長 中村 光宏

校長中村光宏

時代と共に生き

 

      時代と共に歩む


 本学園の創設者柴田やす先生は、女性の地位向上と社会的自立のため、鍛冶町の借家に15人のお針子を集めた裁縫塾を立ち上げ、以来、その生涯を女子教育一筋に捧げ、現在、東北でも有数の女子教育の殿堂である「柴田学園」の礎を築かれました。

 大正12年、各種学校令による女子実践教育の学校として正式に認可が下り、「弘前和洋裁縫学校」が設立。「弘前和洋裁縫学校」は、時代と共に種々の変遷を経て、昭和23年4月、国の学制改革により「新制高等学校」が発足し、新制高等学校として「柴田女子高等学校」が開校されました。

 創設期から、本校は学業・文化・スポーツのあらゆる面での活躍が顕著でした。

 家庭科教育の実践では、産業教育研究校に指定されるなど「柴田女子」の名を広める大きな要素となりました。文化面では、理科クラブ化学班による「リンゴ酢の研究」で「国際エジソン生誕記念行事・自然科学の研究レポート大会」特選に輝きました。また、全国放送コンテストにおいては、3度の全国最優秀賞を受賞し、本校に文部大臣賞をもたらしました。スポーツ面では、ソフトテニス部が全国高校総体団体4位入賞。近年では、バスケットボール部が、ウインターカップベスト8をはじめ、全国大会に27回出場するなど、県トップの強豪校として君臨しています。中でもスキー部は、全国高校総体で総合優勝を飾ると共に、オリンピック選手を輩出するなど、大きな実績を残しています。

 このような各方面での活躍を背景として、昭和50年代前半までは一時全校生徒1,800名を超える発展を遂げましたが、50年代後半から社会情勢が一変し、全国的な少子化の波が急速に押し寄せてくるようになりました。

 本校では、様々な改革を行って学校全体の活性化を図り、一定の実績・評価を上げてきましたが、生徒の減少を食い止めるまでには至りませんでした。

 その背景には、近代の女子の社会進出に伴う進学率の上昇により、進学重視の高校が注目されるようになったことがあります。また、社会情勢が「男女平等」「男女共同参画社会」を示しており、別学がニーズとして重要視されなくなったことも大きく影響していると認識しました。

 学校の責任として、生徒に対して安定した教育条件を提供する義務があります。本校は、生徒が高い教養と正しい躾を身につける場としてふさわしい教育環境を維持するため、この度、平成31年度4月からの「共学化」を図るため準備を進めています。

 しかし、創設者柴田やす先生が樹立された建学の精神は、何ら変わるものではありません。

   

「教育即生活」

(生活の中に教育があり、教育の中に生活がある。)

 本校の教育理念は、共学となっても確実に受け継がれ、生徒のあらゆる営みから自立した社会人として必要な知識と気品を身につけさせる、大きな指針になっていくものです。

 平成30年度は、「柴田女子高等学校」として最後の一年となります。全校生徒及び教職員一丸となって、95年に及ぶ歴史と伝統を礎に、激変する時代を力強く生き抜く確かな「人間力」を身につける学びの場として、一層の発展を期して努力してまいります。

時代と共に生き 時代と共に歩む

 

 生徒の主体的な学校生活が、新しい未来を創造していくことを確信しています。

このページの上に戻る